不意に出会うのが事故です。そこでどんな風に対応する結果によって、自動車の保険金の支払いもかなり変わってくるケースも想定されますので正確な判断と対処が求められます。考えもしないハプニングに出会って冷静さを失ってしまったとしたら大切な対処を忘れてしまい自分自身がとても大きな損を負う時も考えられるので乗用車の事故を起こした状況では正しく次に述べる行動を行います。乗用車の事故を起こした状況で一番初めにするべき事は怪我をした方の状況の確認です。事故の後は頭が混乱して虚脱状態になってしまう場面がありなかなか行動できないのが現実です。ですので、負傷者がいたならば危険ではない地点へ移動してから応急手当を施し、119番通報する等救助第一に努めることが大事です。救急車に連絡する場面でははっきりと場所を伝え不確かな場合にはよく知られているお店や交差点を知らせ事故が起こった住所が分かってもらえるようにします。その後に警察に知らせて、事故があった事さらに簡単な状況を伝えます。救急車と警察が来るのを待っている時に怪我人の事を聞きます。姓名、住所、連絡先、車のナンバー事故の相手側の保険の会社名と言った自分だけでなく相手の情報を伝えます。事故の相手に非があった時にはそこで解決しようとするケースが考えられますが現場でやり取りするのではなくどのような状態でも警察署や保険屋さんに連絡して正確にチェックしてもらう事が必要です。各々の情報をやり取りしたら他者の妨げにならないために妨げになる物道路の上からどかします。仮に邪魔な物が自動車の妨げとなっている時は、自分と相手の情報交換をするより早くこれを行っても問題は起こりません。ここで自分が加盟している保険会社に知らせ交通事故があった旨を連絡します。自動車での事故から特定期間の時に自動車保険会社に知らせておかないと保険の適用除外にされる状況もありますのでなるべく早く電話を入れることが重要です。可能ならば事故の証拠としてデジタルカメラや携帯等を使って事故の現場や事故車の壊れた箇所の写真を撮ります。それは過失の割合決める時にかなり重要な手がかりとできるので、自らのクルマや先方のクルマの破損をきちんとカメラに残しておきます。この状況で目撃した人がいるのであれば警官や保険会社の人が着くまで事故の現場に待っていてもらうように依頼するのも必要です。